iFalcon製品は様々な状況で幅広い用途があります

  • 捜索と救助

  • 状況分析

  • 火元の特定

  • 延焼の判断

  • 熱源の特定

  • 潜在的なフラッシュオーバーの特定

  • 換気エリアの決定

  • 入口と出口の決定

  • オペレーション改善

  • 危険物取扱

  • 森林火災消火活動

  • 事件調査

  • トレーニング

1-mines-rescue.webp

鉱山検索と救助活動/地下鉄作業/鉄道・高速道路・トンネル

救助隊員はトンネルや鉱山でSCBA (自給式呼吸装置) を装着ながら作業することで、薄暗い環境や煙が充満した環境でも簡単に自分の位置を特定できます。

bomb attack.jpg

​還元施設

エネルギー生産産業・ミサイルプラントの保管・原子力発電所では現場のリアルタイム画像と、そのエリア内の各救助隊員の位置情報特定によって、効率的に災害鎮圧する為に迅速で調整された行動が実行できます。

incendi-boschivi-shutt-696x464.jpg

森林災害時の広範囲連携

森林火災の場合、救助隊員はジオロケーションと重要な複数画像・ビデオや情報を共有することで広範囲をカバーし、任務オペレーションを改善できます。

riot.webp

暴動の管理と抑制

暴動発生時にはSCBAを装着して、煙が充満する中で火災の鎮圧と迅速な操作を必要とする場合があります。指令オペレーションは、リアルタイムのリモートビデオを利用して状況を十分に調査することで、迅速に対応できます。公安警備は各現場隊の位置情報特定が可能です。